FC2ブログ

シャチパフォーマンス

04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

このページの記事一覧

シャチの特徴的な高くそびえ立つ背ビレは雄で約1.8M、雌で約0.9Mにもなる 



一見大人しそうに見えるシャチ、英名はキラーホエール(Killer Whale)海の殺し屋と呼ばれ、文字どおりクジラをも集団で襲い捕食する。世界最大の動物であるシロナガスクジラまで襲うなど、海では事実上敵なしである。攻撃力だけしかなく攻められれば弱いサメとは違い、攻守共に非常に高い能力も兼ね備えていて、知能や索的能力も含めて全般的にポテンシャルが高く、まさしく地球上最強といっても過言ではない。獰猛なサメでさえVSシャチとでは、歯がたたないのである。

獰猛で貪欲な海のギャングというイメージが固定しているが、これは単に生きる為の捕食であり、

捕食する以外の目的で生き物を殺すことはしない。

又、知能は大変高く集団で狩りをすることもある。鯨類は全般的に視力が良くないが、シャチは鋭い視力を持ち、 泳ぎも速く最高速度は65kmにも達する。

シャチは2種類の音(音波)を使い分けていることが知られていて、1つはコールと呼ばれ、群れのメンバー同士のコミュニケーションに使用するとされる。もう1つはクリック音と呼ばれ、噴気孔の奥にある溝から、メロンと呼ばれる脂肪で凝縮して発射する音波である事がわかっている。この音波は物質に当たるまで水中を移動するため、シャチはその反響音を下あごの骨から感じ取ることで、前方に何があるか判断することができる。この能力をエコーロケーション(反響定位)と呼び、クリック音の性能は高く、わずかしか離れていない物体を認識したり、反響音の波形の違いから物質の成分、果ては内容物まで認識することが可能だという。このエコロケーションによって、数100キロ離れた仲間ともコミュニケーションが出来ると言われていて、高度なコミュニケーション方法を持っているシャチは海洋生物の中でもトップを争うほどの知能を持っています。

特徴的な高くそびえ立つ背ビレは雄で約1.8M、雌で約0.9Mにはなり、成体の雄の背ビレは三角形で前方に傾斜していることがあります。大きな卵形の胸ビレは成体の雄の場合、2Mにもなります。体色は下顎、尾ビレの下面、下顎の先端から尿生殖溝に至る腹側面は白く、又、白い斑紋が背ビレの後方部の体側部分へ伸び上がり
目の上後方にも白く丸い斑紋(アイパッチ)があります。背ビレの後ろの鞍型斑と呼ばれる白っぽい灰色の部分以外は黒で、個体群により細い黒色のケイプを含む背中の黒い部分の下方に濃い灰色の部分があります。歯は湾曲で大きく、各歯列に12本あります。

定住型のシャチは数十頭の巨大なグループで沿岸部に定住し、主に魚やイカを食べる。回遊型のシャチは2~6匹の集団で沿岸部と沖合で行動し、主にクジラなどのほ乳類を食べる。沖合型のシャチは最大200頭ものグループで沿岸部から離れた場所に住み、魚の群れが主食。

これら3タイプのシャチは、1万年以上前からタイプ間での交配が全く行われていない事が確認されている。体色や模様別では5タイプに分類されています。


シャチ クジラ目 マイルカ科 和名 鯱 シャチ オルカ (別名 逆叉 サカマタ)
英名 Killer Whale・Orca 学名 Orcinus orca 生息域 世界中の海
体長 オス最大9.8M 体重6t メス最大8.5M 体重5t 
寿命 オス60年 メス80年


鴨川シーワールドの4頭のシャチは全員女子の家族

ラビー♀ 1998年1月11日生まれの長女+ルーナの母親(父ビンゴ 母ステラ)
ララ♀  2001年2月8日生まれの次女(父ビンゴ 母ステラ)
ラン♀  2006年2月25日生まれの三女(父ビンゴ 母ステラ)
ルーナ♀ 2012年7月19日生まれの母親はラビー(父オスカー 母ラビー)




チャンネル登録お願いします



スポンサーリンク

カテゴリ: シャチパフォーマンス

テーマ: YouTube

ジャンル: ブログ

タグ: 鴨川シーワールド  シャチ  シャチパフォーマンス  シャチショー 

[edit]

TB: --    CM: --    
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }