FC2ブログ

シャチパフォーマンス

04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

このページの記事一覧

シャチの睡眠方法は半球睡眠という、脳を半分づつ眠らせる事が可能。 



シャチは哺乳類なので人間と同じで肺呼吸をしていて、定期的に水面に出て呼吸をする必要があります。呼吸ができない海中で、人間のように何時間もまとまった睡眠を取る事ができません。そこで、シャチは特殊な半球睡眠という方法で寝るとされています。半球睡眠とは左右の大脳半球を交互に眠らせる事で、起きているもう片方の半球で活動を続けながら睡眠を取るというものです。右半球が眠っている時は左半球が目覚め、左半球が眠っているときは右半球が目覚めるというように、脳が半分ずつ交互に眠っているという特殊な機能です。

シャチだけでなくイルカやオットセイなどの海獣や長距離を移動する渡り鳥等がこの方法で睡眠をとるといわれています。陸上生物よりも長く息を止めていられシャチですが、定期的に水面に出て息継ぎをする必要があります。この時に使うのは頭についている鼻=呼吸孔です。イルカやクジラ同様「プシューーー!」と吹き出すアレです。

シャチはほ乳類の中で最も生息域が広く、冷たい海域に生息数が多いものの分布域は世界中のほぼ全ての海に生息が確認されている。
日本近海にも少数が生息していて、北海道の根室海峡や知床半島、北方領土から和歌山県の沿岸部でしばしば目撃されることがあり
東京湾で目撃された例もあります。

シャチは嗅覚がない代わりに聴力と視力がとても良く特に聴力に関してはこの秀でた聴力を使って、エコロケーション(反響定位)という方法で周囲の状況を確かめる事ができます。エコロケーションは自分の発声した音がぶつかって戻ってきたところを耳でとらえ方向や物の位置や状態を知る方法です。このエコロケーションによって、数100キロ離れた仲間ともコミュニケーションが出来ると言われています。高度なコミュニケーション方法を持っているシャチは海洋生物の中でもトップを争うほどの知能を持っています。

シャチは2種類の音(音波)を使い分けていることが知られていて、1つはコールと呼ばれ、群れのメンバー同士のコミュニケーションに使用するとされる。もう1つはクリック音と呼ばれ、噴気孔の奥にある溝から、
メロンと呼ばれる脂肪で凝縮して発射する音波である事がわかっている。この音波は物質に当たるまで水中を移動するため、シャチはその反響音を下あごの骨から感じ取ることで、前方に何があるか判断することができる。この能力をエコーロケーション(反響定位)と呼び、クリック音の性能は高く、わずかしか離れていない物体を認識したり、反響音の波形の違いから物質の成分、果ては内容物まで認識することが可能だという。このエコロケーションによって、数100キロ離れた仲間ともコミュニケーションが出来ると言われていて、高度なコミュニケーション方法を持っているシャチは海洋生物の中でもトップを争うほどの知能を持っています。





チャンネル登録お願いします




スポンサーリンク

カテゴリ: シャチパフォーマンス

テーマ: YouTube

ジャンル: ブログ

タグ: 鴨川シーワールド  シャチパフォーマンス  シャチ 

[edit]

TB: --    CM: --    
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }