FC2ブログ

シャチパフォーマンス

11« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»01

このページの記事一覧

シャチは日本、アメリカ、カナダ、フランス、スペイン、アルゼンチンで飼育 



高度な知能を持つシャチは、クジラやイルカと同様、2つの種類の音を使い分けて仲間とコミュニケーションをとります。 1つはコールと呼ばれ、群れの家族や仲間同士のコミュニケーションに使用され、もう1つはクリック音と呼ばれ噴気孔の奥にある溝から、メロンと呼ばれる脂肪で凝縮して発射する音波で、この音波は物質に当たるまで水中を移動するため、シャチはその反響音を下あごの骨から感じ取ることで、前方に何があるか判断することができます。この能力をエコーロケーション(反響定位)と呼び、クリック音の性能は高く、わずか数ミリメートルしか離れていない2本の糸を認識したり、反響音の波形の違いから物質の成分、果ては内容物まで認識することが可能だといわれているとても高度な機能も持ち合わせています。


シャチは獰猛でもあるが人間には懐きやすく訓練への適応も高い。幾つかの水族館で飼育&シャチパフォーマンスショーにも行われている。 日本での初飼育は1970年の鴨川シーワールド。 水族館生まれで二世を誕生させた日本初も鴨川シーワールドでラビ―(1998年生まれ・メス) 自然界での寿命はオスの平均寿命は30歳、最高寿命は約50歳。 メスの平均寿命は50歳、最高寿命は80歳と言われていてメスの方がかなり永く生きます。


日本の他、アメリカ、カナダ、フランス、スペイン、アルゼンチンの国で飼育されている。 日本国内での捕獲は学術目的以外では禁止されている。 日本でシャチが飼育展示及びパフォーマンスショーが見られる水族館は、千葉県の鴨川市にある鴨川シーワールドと愛知県名古屋市の名古屋港水族館(飼育展示とシャチトレーニングのみでパフォーマンスショーは行っていない)の2館だけだが、新たに兵庫県神戸市須磨海浜水族園が2024年にリニューアルオープンする際に、目玉としてシャチパフォーマンスショーを開催する予定。


シャチはクジラ目、クジラ亜目マイルカ科、シャチ属の地球上最強の動物でマイルカ科に属し仲間では最大種。 平均でオスの体長は5メートル~7メートル弱、メスの体長は5メートル~6メートル弱、オスの体重は最大6トン弱、メスの体重は最大4トン弱。 最大クラスのオスでは体長は10メートル弱、体重は10トン近くにもなる。 背面は黒色でお腹側は白色でクッキリ分かれている。 両目の上方にアイパッチと呼ばれる白い楕円形の模様があり、個体により形が違う。 生後間もない個体では、白色部分が薄い茶色やオレンジ色を帯びている。 大きな背びれを持ち、オスのものは最大で2メートルに達し折れ曲がる個体もある。背びれの根元には灰色のサドルパッチと呼ばれる模様があり、個体の模様や背びれの形状は一頭ずつ異なるため、個体の判別になる。 歯は鋭く円錐状の歯が上下のあごにトータル48本並んでいる。 歯の形状は全体的にほぼ均一であり、獲物を噛みちぎることに特化した形になっている。 現時点では一種として扱われているものの、少なくとも南極海だけで1万年ほど前から混血のない3タイプに分別されている。

食性は肉食で獲物とする生物はクジラ、アザラシ、オットセイ、トド、イルカ、サメ、ラッコ、ペンギン、オタリア、ホッキョクグマ、魚、カモメと多岐にわたり、生息域やグループごとに狩猟方法も異なる。 雑食の種や魚しか捕食しないタイプに分別される。 アザラシを捕らえる場合は突進して素早くハントする。 魚の群れを狙う場合は時間をかけて群れで囲い込み、逃げ場をなくしてから一気に襲うといった高い戦略性が特徴。 クジラを襲う時も集団で囲み、呼吸を阻み窒息死させるといった行動で社会性もある、まさしく地球上最強のハンターである。 シャチと同様、海のハンターであるサメでさえシャチの捕食の対象になり、なかでも獰猛なことで知られるホホジロザメでさえ、シャチには歯が立たないのである。 南アフリカの海岸に打ち上げられたサメの死体を調べてみると肝臓や心臓といった臓器だけが綺麗になくなっており、他の生き物に捕食された事が確認されています。 サメの肝臓には栄養価の高いスクワレンが含まれていて、これまでもシャチが鯨の舌だけを食べるなど、好みの部分を選んで食していたことが確認されている為、シャチがサメを襲って捕食しているという見解があります。


シャチは非常に活発な動物でありブリーチング(海面へ自らの巨体を打ちつけるジャンプ)やスパイホッピング(頭部を海面に出し、辺りを見渡し周囲を観察する行動)などの行動が観察されています。 泳ぐ速さは時速80キロメートルに達し、ハンドウイルカと並んで、哺乳類では最も速く泳ぐことができる生物です。 餌を求めて1日に100キロも移動する行動も報告されています。又、好奇心も旺盛で興味を持ったものには近寄って確かめる習性もあります。


鴨川シーワールドのシャチ ∞∞OOO○○○==≡≡|>+++|゚>

ラビー♀ 1998年1月11日生まれの長女+ルーナの母親(父ビンゴ 母ステラ)
ララ♀  2001年2月8日生まれの次女(父ビンゴ 母ステラ)
ラン♀  2006年2月25日生まれの三女(父ビンゴ 母ステラ)
ルーナ♀ 2012年7月19日生まれの母親はラビー(父オスカー 母ラビー)


学名:Orcinus orca  分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門哺乳綱鯨偶蹄目
マイルカ科シャチ亜科シャチ属
別名:オルカ(Orca)、サカマタ(逆叉)、Killer Whale(英語:キラーホエール)
カムイ・フンペ(アイヌ語で神のクジラ)
生息分布:南極~北極付近の沿岸を含む世界中の海域 に生息
全長:(♂最大10M弱、♀6.5M) 
体重:(♂最大7t、♀5t)
背鰭:(垂直で♂は1.8M、♀鎌形で1M)
体色:背中は黒で頬と腹のあたりに白い模様で腹部は白、特徴はアイパッチ
上下の歯総数:歯形はシャープで各歯列12本 の計48本
性成熟年齢:(♂10~15歳、♀6~12歳)
繁殖方法:胎生
妊娠期間:18ヶ月
授乳期間:18ヶ月 
出生時体長:約2M
平均寿命:(♂50年、♀80年)





シャチオンリー最新動画はここから







スポンサーリンク

カテゴリ: シャチパフォーマンス

テーマ: YouTube

ジャンル: ブログ

タグ: 鴨川シーワールド  シャチパフォーマンス  サマースプラッシュ  シャチ  如月大翔  シャチショー 

[edit]

TB: --    CM: --    
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }